黄色い風土(ねたばれあり)(’15/8)


松本清張「黄色い風土」に関してはここで少しだけ触れましたが、本項は完全に犯人
についてネタバレしていますので、未読の方は読まれない方がよいと思いますm(__)m
--------------------------------------------------------------------

私の記憶ではこの推理小説は、光文社カッパノベルズで、「砂の器」に続いて読んだ
記憶があります。本屋で見た時、最初に読んだ「砂の器」と同様な分厚さの長編だっ
たゆえだろうと思います。

しかしながら、未だに、この題名の意図が私にはわかりません(^^;。「砂の器」はすぐ
にわかったのですが・・・
そして、「砂の器」は、それまで、子供時代からの興味(江戸川乱歩の少年探偵団な
ど)の延長で名探偵が登場する創元社や早川書房の海外ミステリーしか読んでいな
かった私が、「社会派推理小説」なるものの存在を知り、初めて読んだものであった
ため、そのときの印象が私を強く支配したためか、私にとっては、「黄色い風土」は
「砂の器」とはかなり指向が異なるものに思えました。勿論、ミステリーには純粋に
「謎解き」を求めている私にとっては、これはこれで面白かったんですけどね。

この小説は、新聞社系の週刊誌記者である若宮四郎が謎を追う「探偵役」の主人公
です。で、いちゃもんをつけるなら、それはあまりに「都合よすぎる」若宮四郎の偶然
重なる体験が、彼をその「探偵役」にした発端という・・・。
「砂の器」もそうですが、清張の作品は事件性とか犯人を探偵役の主人公が突き詰
めることになる「偶然の体験」が都合よく重なるんですよね。

以下、完全にネタバレです。
本小説では、実に多くの人間が殺されます。それは、精巧なドル紙幣の偽造を行っ
ていたニセ札偽造団の組織のたがが緩み、一部の組織員が勝手に一万円札千円札の偽
造を試み使用したことからその偽造団の存在の一端が国内にもれ、一味の首領が
組織の始末を図り、自己の存在を隠しておこうという意図でなされたものでした。
(勿論、殺人は首領が直接手を下した犯行ではありません)本項はネタバレですの
で、後述しますが、その首領は実に意外な人物でした・・・情けないことに、最後まで
私は気が付きませんでした(^^;(推理力ゼロです<私)。

週刊誌の次号のテーマが決まり、その記事の締めくくりに使おうと若宮は熱海のホ
テルに滞在中の婦人評論家・島内輝秋の談話を採るために熱海に派遣されたので
すが、そこで、自殺の名所「錦ヶ浦」での水死体が浮かんだ「事件」に遭遇。
警察は「自殺」説に傾いていましたし、普通なら若宮四郎の気を引くことなどないこ
とだったのですが、その水死体の男にはこの熱海行のしょっぱなから一種の縁があ
り、前述の組織員の犯したミスが若宮の偶然の体験になり、若宮に大きな疑念を抱
かせ、木谷編集長の理解もあって「探偵役」となって事件を追跡していくというお話
です。

上記で「しょっぱなから一種の縁」と言いましたのは、若宮四郎が熱海に向かうのに
利用した「いでゆ」号で目撃したことでした。かつては「新婚旅行」など行かなかった
り−私の両親は戦後の結婚ですけど、そうだったみたいです。田舎だったからかな?
式は家でやったようです。角隠し姿の若き日のお袋の写真を見た記憶があります−
戦後、高度成長などで国内が安定して、新婚旅行が普通のこととなっても、以前は、
まだ今と違い「国内旅行」が主(私はハワイでしたが、1970年代の職場ではまだ、国
内が主で、私などは海外の走りの方でした。1ドル=三百何十円などという時代で、
持ち出せるドルは一人1000ドルまでという規約がありました。ちなみに飛行機は今
は無きパンナムジャンボでした)で、東京地区では、それよりずっと前のことでしょう
が、近場の熱海などが行先として人気があったそうです。で、この「いでゆ号」という
電車には新婚旅行客用のロマンスカーがついていて、ホームは見送り客でごったが
えしていた・・・。そんな中で、若宮は、発車寸前に飛び乗り見送り人もいなかった
「新婚」ペアを目撃したのですね。前述の水死体の男はその「夫」でした。
実は、若宮は本来は、その日に談話を取って帰るはずだったのが島内氏のドタキュ
ンでその日にはできず、改めて次の日の朝ということになり、若宮は次長命令で、
そのホテル(蒼海ホテル)に一泊することになった・・・で、その部屋は481号室。そこ
に見知らぬ男が「洋服を届けに参りました」と。それはその男のとんだミスで431号室
と勘違いしたらしい・・・件の水死体の男はこの蒼海ホテルに宿泊していて、その部屋
は431号室。そして、水死体で発見されたとき、着ていた服はいでゆ号に乗るとき、そ
して蒼海ホテルのロビーで偶然発見したときの洋服と異なり、見知らぬ男が間違って
届けようとしてきた「黒い洋服」だった・・・。勿論、新婦は出頭せずメモを残して行方不
明。更には、宿泊届の名前は偽名だった・・・

帰社して、この疑惑を児玉次長に話したものの次長はあしらうだけ・・・しかし、鋭い
木谷編集長の嗅覚は、ことの事件性を確信し、当面、若宮に専属で追跡させること
にし親会社のR新聞社から熱海通信員の村田に協力依頼を出してもらって、村田通
信員の協力の元、若宮四郎は「探偵役」として事件を追求し始める・・・。偶然のこと
で、消えた「新婦役」の女性の名前を発見したりしたのですが、小樽・名古屋・犬山な
ど全国で関連した事件が発生・・・追及していくとその相手が消されてしまうなどとい
うことで多くの人が殺されてしまいました。島内も蒼海ホテルの番頭も。そして、しま
いには自らも調査に乗り出していた編集長まで・・・
最初の事件の被害者は、事件の謎を追うトップ屋で、その過程で敵の罠に嵌ったよ
うです。

ちょっと「ご都合主義的」ですが、若宮が接触する名の出てくる人物(職場は除き)
は皆、事件関係者だった・・・そして殺害される・・・

結局、敵に若宮の動きを知る人物がいたゆえですね。で、究極のネタバレですが、
一連の事件を指揮した「ニセ札偽造団」首領は・・な、なんと熱海通信員の村田で
した。しかし、若宮は最後の最後に村田が自ら明かすまで気が付かなかった・・・
村田は、言葉巧みに若宮を自衛隊の東富士練習場に誘い出し、事故に見せかけ
て若宮を葬りさろうとしたのですが、若宮の反撃で自らは足をくじいてしまい、若宮
だけ逃げ出した・・・。ここでお話は終了です。

若宮が会っていた村田の「妻」は「妻役」を演じていた組織の女でした。そして、村
田というのは先の戦争中に「ア231」機関という紙幣偽造の謀略活動機関に属して
いた将校で、戦死したことになっていた人物だったようです。また、再三、若宮に手
そ差し伸べ若宮が岡惚れした謎の「沈丁花」の女は村田の本当の奥さんだったよ
うです。

ネタバレしてしまいましたが、冒頭で書いたように、何回読んでも「黄色い風土」と
いうタイトルの意義が未だに私には理解できていません・・・。
                             (’15/8)

戻る