線路好きが高じてきていますK/(修正)('17/5)

-------------------------------------------------------------------------
今回もずっとやっている「線路が好き」という私の全てネットから得た情報のヨタ話で、アメ
リカの鉄道のいわば「紙上旅行」(というか、google map/google earth/YouTube画像での
机上鉄道旅)です。
-------------------------------------------------------------------------


-------------------------------------------------------------------------
他国の見知らぬ地方都市の鉄路をgoogle map/google earth/Street View/YouTubeを眺めての
想定記事であるため、思い違い・調査不足もあり、修正をしました('17/5/27)
-------------------------------------------------------------------------


新聞で読んだんですが、運転手不足と問題化している長時間労働により長距離貨物輸
送でJR貨物の貨物列車利用というのが進みつつあるそうです。大手運送会社が長距離
輸送のところで自社の長距離トラック輸送から専用コンテナ貨物列車輸送に切り替えつ
つあるという話。名古屋臨海鉄道名古屋南貨物駅から毎日出ているトヨタ東北工場向け
専用コンテナ車も一往復/日から二往復/日に増えたとか。鉄道好きの私としては嬉しい
話題です。JR貨物も分社化以来、初の黒字になるとかならないとか言われていますね。

ま、日本の場合、道路網の発達により、旧・国鉄末期に鉄道貨物量の大幅減少があり、
国鉄自体の大幅赤字もあって、混合貨物列車が廃止され、長距離コンテナ(コキ)輸送と
ローカルでの専用貨物車だけになり、それも幹線くらいしか走らなくなっていて、それと
共に、大手私鉄も貨物輸送を廃止してもう長くなります。

しかるに、前にも書いたのですが、先に道路と自動車の発達により鉄道が斜陽化してい
たアメリカの場合、石油価格高騰以降、貨物列車利用が見直され、日本と異なり、未だ
に混合貨物列車が走っていること、コンテナは2段コンテナ車まで走っていることなどが
YouTube映像で見られます。確かに、旅客列車輸送は斜陽化し、やめてしまった鉄道会
社も多いようですが、貨物は健在で、実に多くの「貨物列車専用鉄路」が縦横無尽に引
かれていてまだ実際に走っています。

貨物列車ですから、旅客列車のような途中駅での集客とか考えなくていいわけですから
既存線路で最短なルートも選べるわけですよね。そんなわけで、多くの鉄路がまだ残り
実際に貨物列車が使用しているわけです。そこが、線路が好きな私の興味を引いてい
て見飽きることがありません。そして、紹介しているのはほんの一部だけです。

ま、広大なアメリカですから、google earth/google mapで鉄路を辿るのはそんな簡単で
はありません。google mapも広域にすると鉄道線は表示しませんし、詳細にすると今
度は全体位置がわからなくなる・・・そんなわけで、未だにChicagoのあるIllinois州内の
鉄路を画面で辿るところでうろついています(^^;

ま、Illinois州は西はMississippi川、南はOhio川という大きな川が州境になっており、
Illinois川などの比較的大きな川がありますので、辿るときのポイント点としてそれが
一つになっていて重宝しています。線路好きが高じてきていますJではMississippi川
をその一つのポイントとして調べたものでした。

今回、ChicagoからのAMTRAK(California Zephyr,Southwest Chief,carl Sundburg/
Illinois Zephyr)が分岐していくGalesbrug, ILの地図を見ていたら、いくつもの線路が集
まっており、既にAMTRAKのこの先の路線は辿っていましたが他の貨物列車専用線
は見ていませんでしたので、どこに繋がっているか辿ってみようと言う気になりました。
私の場合、結構そういうのが多いです。もう一つはどこの鉄道会社の貨物列車が走っ
ているのかというのも興味がありますので、YouTubeを漁っています。アメリカにもマ
ニアックな鉄ちゃんは沢山おられるようで、結構映像があり画面旅行で重宝していま
す。

下図はGalesburg, ILに集まる鉄道(黒線と赤線)と幹線高速道(太い橙線)を示したもの
です。赤い線はAMTRAKが走っている線です。

      地図1 Galesburg, Illinois, USA

今回の記事に関連しているのは、このうちAとBの西の方に出ているものです。

ちなみに鉄路Aは、AMTRAK線をunder crossingしていますが、AMTRAK線同様
BNSFの線のようです。この線は図示していませんが、西部の近傍のCameronと
いうところで、AMTRAK"Southwest Cihief"が渡り線を渡って入り込んでいて、
Mississippi川を渡っての北岸のFort Madison, IAに繋がっています(線路好きが
高じてきていますJ
のE参照)。

このGalesburgはChicagoから南西方向に出ている二階建て旅客列車MetraのHC
とRIの終点でAMTRAK"Texas Eagles"(Los Angeres行)と"Linchorn Service"(
St. Louis行)の途中駅であるJoliet, ILから南西方向にあり、Illinois川というのは、
(地図で見ての判断ですから間違っているかもしれませんが)そのJolietの南部で
Jolietを南北に縦断しているDes Planes川が二つに分岐した西側の一つですから、
Des Planes川をJolietより北部で渡るGalesburg停車のAMTRAK線(BNSF線)を除
き、図のAとBの鉄路は西に進むとIllinois川に出合うだろうと推測されます。それ
で、私はその出会いのところを知りたくて調べたわけです。

その結果、面白いのはB線でした。というのは、西に辿ったところ、YouTubeに
"river city"と書かれていたPeoria, ILという人口約40万の街を発見しました。
このPeoria市と東南のEast Peoria,西のWest PeoriaというPeoria地区はIllinois
川流域でかつ実に鉄路が沢山あるので興味が湧いたわけです。
下図はPeoria地域の概要図です。赤線で囲っているところ(北部が欠けていますが)
はPeroia市です。

      地図2 Peoria & neighborhood, Illinois, USA

上記地図は全体像であり、以下ポイントを個別に説明します。

地図の北西部で、Galesburgから東にやって来た路線Bは北部から来る路線Cと
出会いますが合流せず平行で南方向に進んでいます。合流しないのは鉄道会
社が異なるからかもしれません。BはBNSF、CはIAIS(Iowa Interstate)のようです。

      地図3

ちなみにCはMississippi川沿いのClinton, IAから東に延びているUP線の途中
Nelsonというところから分岐している線路ですがここでUP線に乗り入れているのか
もしれません。Local貨物鉄道線にはそういうのが多々あるようです。YouTube映像
ではUPがこの路線cでPeoriaまで来ているものがありました。

この北からの路線Cは地図3では2線になっていますが、南部で単線になり、更に
下図(地図4)のように分岐していてそのまま進む線路C1とBの線路をover crossし
てキッカプー川を渡って南下していく線路C2に分かれます。Bの線路は南下せず、
C1と平行に進みます。

      地図4

この先でBは2線となり、そしてBとC1はは図のように大きく東にカーブし、
その後Peoria市内に入って行きます。

      地図5

C1は図のようにすぐ小ヤードになります。で、ここでは南の方にDとEの路線が現
れてきています。図のようにEはDと平面交差して南北が入れ替わります。EとD
の間は図のように短い渡り線でつながれていますが、両者はこの後南西で行き
先が異なる路線です
。線路から見ると、東からの線DとEが交わり、Eの先が、
Dの先より北側になります。そして、Eの先とDの間は接続されています。そこで、
図のように線路区分を変えて、N、Pとします。YouTube映像を調べていますと、ど
うやら、Nを西方向から来た貨物列車は主に、Dに入るようですから。線路繋がり
で見ると、P→D、N→D,Eとなります。しかしながら、明らかにNから来たと考え
られる貨物列車がDそして次図では私が勝手にFに区分変更している線路上を
走る映像はありますが、Eについては走る映像が見当たりませんでした。
google earthには貨物車が写ってはいるのですが、留置されているだけかもしれ
ません。EとFを東に辿っていくといくと再び両者は後述の地図9に示すように合
流していますので、EはNからの線のう回路的役割なのかもしれません。地図6
のFは2線のようになってはいますが、北側の線路は廃線のようですから、昔は
列車本数もあった(客車もあったかも?)時代の名残で、今はEは予備的に残され
ているだけかもしれません。

尚、C1としてはYouTube映像では(そして始まり部分でも説明つくのですが)UPが
来ていて、BはBNSFが来ています。確かにYouTube画像ではFを走るBNSFの
列車が映っていました。
FはTP&W(Tored Pioria & West)の路線だそうです。このTP&Wはtransportの役目
もしているそうです。UPは小ヤードまでが主体かもしれません。Fは色々な会社
(TP&W,IAIS,BNSF,UPなど)の貨物列車映像がありますので借用しているのでしょ
う。B、C1、N(D)、P(D)に繋がっていますから。

      地図6

図の赤丸のところで東側からの路線FがBとDに分岐しているとみなすことが
できると思います。また、C1は地図5の小ヤードが西〜北方向への起点であ
るとみなすと、その小ヤードから東側は図の緑丸のところで路線Fに合流し
ていると考えることができます(実際はどうなのかは知りませんが)。


尚、この図には地図5の路線Eが記載されていません。路線Eはこれらから
離れて進んでいるからです。

以上まとめますと、西からPeoriaに来ている路線は、B、C1、D、Eの4路線
であり、Eはそのまま他と離れて進むものとDとEが出会うところにある短い
渡り線でE(西)→D(東)に入ることができ、B、C1、D(渡り線によるEの一部
も含まれる)が合流してFとなって東に進むことになりますので、EとFに集約
されるわけです。


地図6の路線Fを東の方に辿りますと、次図(地図7)が現れます。

      地図7

この南西と北東でそれぞれ分岐している円弧状路線G1、G2は次の地図8
のように一つに合流し(G)、地図5で示された路線Eとここで平面交差(diamond
crossing)して、昇降式可動鉄橋でIllinosi川を東南方向に渡り、East Peoria
に入って行きます。両分岐線間の路線Fには小ヤードが東側に設けられて
いますが、これはTP&W(Tredo Peoria and West railway)という鉄道会社の
もののようです。どうやらYouTubeの説明では、transportの役目をしている
鉄道会社のようです。
で、YouTubeの映像では、このTP&Wの貨物列車ないしは機関車がG1、G2
からFに合流してくるもの、また、G1からFに合流してくるものとして
KJRY(KEOKUK JUNCTION RAILWAY)もありました。そして、diamond crossing
と橋ではIAIS、KJRY、TP&Wのものがありました。どうやらこれら中小鉄道
会社がPeoria側とEast Peoria側との間の輸送を担っているようです。

ここは面白いです。G1,G2とも生きていて、YouTUbe映像では、G1→F
として、KJRY(KEOKUK JUNCTION RAILWAY)、G2→FとしてTZPR(Tazwell
& Peoria railroad)のものがありましたが、橋を渡るところの映像−ここを渡
ると言うことはGを通ると言う事ですので、必ずG1かG2でFに入るという
ことになります−では、IAIS,NS,BNSF、CNなどもあります。GはPeoriaと
Illinois川向こうのEast peoria間の基幹路線になっているようです。

      地図8

そして、どうやら市内中心部を横断する路線Fの部分はTP&Wのもののよう
です。


FとEを東北に辿ると次の地図のように40号線の下あたりで両者は合流し
ています(路線H)。逆に見れば、路線Eはここが起点とも考えられます。

      地図9

この先Hは地図2のようにIllinois川が南北方向の流れになる(というか、
しばらくは、図のPeoria湖に続き、Upper Peoria湖、goose湖となって
いる)ため、それに沿うように西側を北方向に走っています。そして、
Illinois川として再び現れたChillicoth, ILで地図1の路線Aと出会いま
す。ここでHは路線Aをunder crossingしています。

      地図10a(Chillicoth, IL)
      地図10b(Bureau Junction, IL)

尚、このHを更に北に辿って行きますと、Bureau Junction, ILという
ところで、西のDavenport, IAからIllinois川上流のDes Planes川東岸
にあるJoliet, ILまで続いている路線から分岐している路線であるこ
とがわかります。そして、このDavenport〜Joliet間は主としてIAIS
の貨物列車(他にはCSX)が使用していて、この付近でHに入ってい
くものもYouTube映像などを見ますとIAISの貨物列車です。
尚、地図10bの本線に入り込んでくる映像見てましたら、なんと、
NS,CNの機関車牽引のものがありました。これらは後述のように、
East Peoriaにやってくる鉄道会社ですから、G→G2→F→Hの順
で来たものと思われます。

以上でPeoria市内部分は終わりですが、地図4のC2、そして地図5
のDとEのその先、更に、East Peoria内の鉄路が気になりますね
(そんなものはお前だけだと言われそうですが(^^;)。もう少し見て
行きましょう。

地図4、5の南部では、まず次のようになっています。

      地図11

路線C2はここでDとE PとNをover crossingし、その後、D、E P、Nとは
東に少し離れて共に平行で南東方向に進みますが、地図12のよう
 PはC2に合流します(路線Iとします)。

      地図12

更に南下していきますと、Hollisというところで、I(北)〜N(南)の渡り線が
(あり、その後、NとIは大きく離れていきます。
Nは西に進み、遠く、Galesburgより南の南北のAMTRAK線(BNSF線)と
Bushnellというところで平面交差して更に西に進み、最後は北西方向
のLomaxというところでAMTRAK(Southwest Chief)の線路に合流して
終わっています。Bushnellなどの映像から見ると、ここはKJRYの貨物
列車が主としては走っているようです。KJRYの貨物列車はPeoriaまで
来ていますから、路線EでPeoriaまで来ていると推測しています。
Iの先については次のEast Peoriaの後で示します。

さて、地図8でEast Peoriaに入った先(東部)は次図(地図13)のように
なっています。

      地図13

PeoriaからIllinois川を渡って来た路線Gから南方向に分岐したJ01が
East Peoriaのヤードから線路J02に合流して路線Jとなり、同じくこの
ヤードからの線路KがこのJの東側に隣接しており、しばらく両者は
平行で南方に向かっています。YouTube映像の説明によれば、この
路線はTZPR(Tazwell & Peoria railroad)のmain路線のようです。
このすぐ南に、J(北)⇔K(南)、K(北)⇔J(南)の渡り線があります。
南下していきますと、再び、K(北)⇔J(南)の渡り線があり、その先で
Jから西側にJ1が分岐し、しばらくの区間、三本の線路が平行して
いますが、なぜかJ(北)⇔J1(南)の渡り線が現れています。ここまで
JとJ1の2線運用なのかもしれません。

      地図14

この先で、JはKに合流します。そして、KはJ1から東に少し離れて
行きます。ここはPekinです。そして、YouTube映像説明によれば、こ
このKはIPRR(Illinois & Peoria railroad)の路線の様です。

      地図15

Kはこの南、Broadway street北側でで二つに分岐しています。
この道路の南側の所、K1、K2の間に旧C&IWの駅(ANTONIKI
depot)が保存され、更に保存客車が置かれているようです。

      地図16

YouTubeには、ここのK1を南方向に進むBNSFの貨物列車と、K2
を北方向に進むUPの貨物列車の映像がありました。前者はこの
旧depotと保存客車が映っていました。また、西側沿いの道路から
のstreet viewにもこのdepotと保存客車が写っています。
図からの推察ですが、K1路線の駅だったと思われます。

さて、J1の方ですが、地図15の南の方でヤードに入り、その先に
は工場があります。どうやら、J1は基本的にはそこまでのようで
す。というか、K1は地図16の先、次第にJ1側に近づきヤード内
でJ1から続いている線路がこのヤード辺りでK1に合流していま
す。

      地図17

K1はこの先、地図18のところに至ります。

      地図18

HavanaはMississippiIllinoi川東岸の街です。
IはSouth Pekin付近で距離は離れていますが、K2とほぼ平行に南下して
行き、Green Valleyというところで、K2は東南方向に大きく離れて行きま
す。K2はAMTRAK Texas Eagle/Lincoln Serviceの停車駅Lincoln, ILでそ
のAMTRAK線と平面交差(diamond crossing)して更に南下していきます。
一方、概ねどんどん南下していくIの方は、やがて、Catrollの西側で、
北西〜南東に走る鉄路に合流しています(単線同士の合流)。

以上、Illinois川流域のPeoria地域(Peoria,East Peoria,West Peoria等)
に集まる路線はPeoria市から見ると、西からはB、C、E、I、K1の5路線
東側では北からH、そして東からMの路線が入り込んで、地域内では
複雑な様相を呈していることを示しました。線路好きの私には実に面
白い地域でしたので紹介しました。参考にしたのはGoogle map/google
earth/street viewそしてYouTube、Wikipediaなどです。

ちなみにYouTubeで検索していましたら、なんと2012年にK1を走る記念
の特別の旅客列車(TZPR-IMRR)が走ったようで、それに乗車した方の
車窓映像がありました(→Ride on TZPR-IMRR Peoria-Havana Pass.
Special - Oct. 4, 2012)
。この映像見て改めて気が付いたのですが
Peoria, ILのdown townは地図8の東側で、この特別旅客列車はこのdown
townから出発し、地図7の線路G2に入り、地図8のGに入ってIllinois川
を渡り、地図13のJ01に入って、Jを進み恐らくKに合流し、K1に入り
地図17、18と辿っていました。

--------------------------------------
どうやら、K2は基本CNであり、UPも借用しているようです。また、
K1はBNSFです。Iは映像が見つかりませんでしたが、UPのようで
す。

このPeoria地区は、線路も複雑ですが、多くの鉄道会社の貨物列車
が走っているため、少し混乱しています(^^;。
BNSF,UP(Union Pacific),NS(Northfalk Southern),CN(Canadian Natioal),
といった第一種会社の他、IAIS(Iowa Interstate),TP&W(Toredo Peoria &
Western),TZPR(Tazwell & Peoria railroad),KJRY(Keokuk Junction Railway),
T&M,IPRRなどと実に多いです。
Wikipediaによると、TZPRはPeoria countyとTazwell county(中心は
Pekin)内がサービスエリアの鉄道で、機関車にT&Pとあるのはここの
もののようです。Genesee & Wyoming社傘下の鉄道会社で、UP,NS,CN
が所有している1世紀古い鉄道P&PUの線路を借りて運用しているそ
うです。T&Mは姉妹会社。

Nはどうやら主にMississippi川西岸にあるKeokuk, IAからswing
bridgeでMississippi川を渡り、北上してLa Harpe, ILで入り、
東南になるルートのようです。だからKeokuk Junction Railwayな
んですねぇ。ちなみにここは今ではPoineer Railcorp社の傘下だそ
うです。

('17/5)

戻る